前へ
次へ

医療期間の受付は施設全体のイメージを作る場所です

医療機関の受付は、患者さんの応対だけが仕事ではありません。
まさに、その施設の顔としての役割があると感じています。
受付担当者が笑顔で、親切であれば、安心して受診ができる事となるでしょう。
質問や疑問にも、スピーディーに対応してくれれば、それと同様の対応を医師や看護師にも期待するようになります。
しかし、受付対応が笑顔がなかったり、あまりに事務的であるという場合には、冷たい印象を受けたり、施設のイメージも悪化することもあります。
患者さんに対しては丁寧であっても、納品業者さんが来たときにぶっきらぼうに対応するのを見たこともあります。
そういったときには、やはりがっかりしますし、接客の質を問いたくなってしまいます。
医療というのは、やはり衛生面、技術、知識が大切ですが、それ以上に信頼感であったり安心感を患者は求めるものだと思います。
受付業務はまさにその施設の顔という事を重んじて認識するべきだと強く感じています。

Page Top