前へ
次へ

総合病院をはじめ多彩な医療機関で受けられる

ニコチンに対する依存症は病気という見解が成されているため、条件をクリアすれば、健康保険を適用して禁煙治療が受けられます。
例えば、医療機関で行われるニコチンの依存テストで、判定結果が5点以上マークしているのも条件の1つです。
また、35才以上の人は1日に消費するタバコの本数と、喫煙年数の乗算結果が200を超えていることも条件になります。
そのほか、直ぐに禁煙したい意思があることや、治療の実施を書面で同意していることなどが保険の適用条件です。
ただし、前回の禁煙治療から1年経っていなければ自費治療になります。
1年の換算は前回の初回診療日となるため、再治療を希望する際は、前回の初診日を確かめてみると良いでしょう。
そして、禁煙治療を受けられる医療機関ですが、総合病院をはじめ循環器科や内科など、多彩な診療科で受診できます。
治療スケジュールは基本的に12週間となっており、その期間中に概ね5回ほど診察を受ける仕組みです。

Page Top