前へ
次へ

医療費控除の事を知りたい方へお教えします

医療費控除のことで、何が対象になるのか、またならないのかをお教えします。
まず、対象になるものとして、医師、それから歯科医が診療、治療をした対価があります。
それから治療のためのあんまやマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整体師などに支払う対価があります。
また、助産師による分娩のための介助の対価や、介護福祉士によるたんの久吸引などの対価があります。
これらは、すべて控除の対象となる事を知っておきましょう。
それから、医療控除の対象とならないものを事前に知っておくと便利です。
対象にならないものの中には、容姿を美化し、容貌を変えるなどの目的で行った美容整形などがこれにあたります。
それから健康診断の費用であったり、疾病の予防や健康推進のための予防接種なども対象にならないので知っておきましょう。
それから、自家用車を利用して通院するためのガソリン代などは控除の対象にならないので知っておくと確定申告の際に便利です。

Page Top